メンズ

コーヒー愛好家なら資格を取ってみよう|知識が身に付く

レディ

お菓子に関する仕事

パティシエとはケーキ店等においてお菓子作りを専門に行う仕事で、男女問わず人気の高い仕事となっています。実際にこの仕事に就くためには専門学校に通ったり、お店に勤めて現場で経験を積んでいく等の方法があります。

幅広いレベルの試験

男の人

豊富な種類のライセンス

コーヒーが好きな方は多いですが、コーヒーにまつわる資格があることをご存知でしょうか。実はコーヒーにかかわる資格は様々な種類があります。コーヒーを飲むことが好きな方や専門知識を身につけたい方までとにかくコーヒー好きなら、ぜひコーヒーにまつわる資格を取得してみてはいかがでしょうか。コーヒーに関する資格にはコーヒーコーディネーターやUCCドリップマスター、コーヒーマイスター、コーヒーインストラクター、JBA認定バリスタライセンスなど様々な種類があり、通信講座で取得できる簡単なものから、バリスタを目指す人が多く取得している、養成講座を受講しなければ取得できない、レベルの高い資格まで様々なレベルの資格があります。

知識と技術を学ぶメリット

趣味レベルであっても、珈琲が好きな方であれば、毎日飲む珈琲がいつもよりおいしく淹れられるのであれば、それにこしたことはありません。もちろん、趣味程度に好きな方がレベルの高い資格を取得することも問題ありません。逆にバリスタを目指している方であっても、実は必要な資格はありません。もちろん、専門学校を出ていたり通信講座を受けている必要もありません。日本国内においては公式な資格がないからです。ですから、まったくの素人であっても実はバリスタを名乗ることが出来てしまうのです。ただし、やはり知識や技術を持ったバリスタには当然かないませんから、バリスタを目指すのであれば、ぜひレベルの高い資格試験にチャレンジし、専門的な知識と高い技術を身に着けてはいかがでしょうか。

コーヒー

カフェで働こう

コーヒーを淹れる仕事のスペシャリストがバリスタになります。専用のスクールに行くことで経営からスキルまで身につくのです。ブレンドして美味しいコーヒーを作るいがに接客も行います。カフェやホテルで働く仕事です。

ウェイトレス

コーヒーのプロになる

オシャレな職業として人気のあるバリスタは経営のスキルを学ぶとオーナーにもなれるので人気があります。バリスタ専門学校に行けば基本的なスキルを学べる以外に、働きながら学習可能です。ライセンス取得サポートも強みと言えます。